ニュースと出版物
国家インターネット情報弁公室が「インターネットポップアップ情報プッシュ通知サービス管理規定」について意見募集
2022-05-06 発表者:华诚小編

最近、国家インターネット情報弁公室は「インターネットポップアップ情報プッシュ通知サービス管理規定(意見募集稿)」(以下、「意見募集稿」という)を起草し、社会に向けて公開で意見を求めた

「意見募集稿」によると、インターネットのポップアップ情報プッシュ通知サービスは、ユーザーの中毒化や過剰消費などを誘発する法律・規定や倫理・道徳に反するアルゴリズムモデルを設けてはならない。パーソナライズされたポップアップサービスを濫用してはならず、アルゴリズムを利用して情報をブロックし、過度な推奨等をしてはならない。アルゴリズムを濫用して未成年のユーザーにペルソナを設定し、心身の健康に影響を与える可能性のある情報を未成年のユーザーにプッシュ通知してはならない。また、「意見募集原稿」では、ポップアップで広告情報をプッシュ通知するためには、内容についてコンプライアンス審査を行わなければならず、国の法律・規定に違反してはならないこと、識別可能性を有し、顕著に「広告」と表示し、ユーザーに明示しなければならないこと、ポップアップ広告がワンクリックで閉じるよう保証することを強調している。また、ポップアップによる情報のプッシュ通知方式で第三者のリンクやQRコードなどに悪意的にリダイレクト・ジャンプする情報を提示してはならず、ポップアップ情報のプッシュ通知サービスを通じてユーザーがクリックするよう誘導し、トラフィックの偽造やハイジャックを実行してはならない。

国家インターネット情報弁公室 より



当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin