ニュースと出版物
中国消費者協会が公益訴訟を初めて調停で終結
2019-08-29 発表者:华诚小編

7月22日、中国消費者協会(以下、「中消協」という)が雷沃重工股份有限公司などの4被告を訴えた三輪オートバイ(中国語:正三輪摩托車)の違法製造販売公益訴訟事件は裁判所の主宰による民事調停協議で合意に至り、中消協の6つの訴訟上の請求は全て実現した。

これは中消協が提起した初の公益訴訟事件で、全国で初めて調停によって訴訟が終結した消費民事公益訴訟事件である。公益訴訟が発生した後、雷沃重工は非常に重視し、直ちに改善措置を講じ、基準を超える三輪オートバイの製造と販売を全面的に停止し、かつ中消協の指導のもと、消費者の権利権益の保障と企業の生産経営に係るコンプライアンスの改善を積極的に展開した。

説明によると、2016年7月1日、中国消費者協会は雷沃重工股份有限公司などの4被告が違法にコンプライアンスに違反して三輪オートバイを製造販売していることについて、消費民事公益訴訟を起こした。2016年7月25日、北京市第四中級人民法院は正式にこの事件を受理した。この期間、中消協は雷沃重工などの4被告と何度も会談、調停、質疑を行い、2019年4月26日に調停の協議で初歩的に合意に至った。人民法院の公告と審査を経て、2019年6月10日、北京市第四中級人民法院は正式に民事調停書を発行した。中消協は公式サイトにて民事調停書の全文を公表する。

 

中国政府網 より


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin