ニュースと出版物
国家インターネット弁公室、ネットでデマを飛ばす者は信用喪失主体のブラックリストに記載
2019-08-29 発表者:华诚小編

最近、国家インターネット弁公室は「インターネット情報サービス重大信用喪失主体信用情報管理弁法(意見募集稿)」(以下、意見募集稿という)を起草し、社会に向けて公開で意見を求めた。

意見募集稿では、インターネット情報サービスの提供者と利用者が下記のいずれかの状况に当てはまる場合、行為主体をインターネット情報サービス重大信用喪失主体のブラックリストに入れることが示されている。

(1)インターネット情報の内容管理に関する法律法規に違反したことにより、インターネット情報部門に単独または関連部門と共同でウェブサイトの閉鎖、係る業務許可証の取消、または営業許可証の取消、許可の取消または登録抹消の行政処分(中国語:行政処罰)を受けた場合。

(2)インターネット情報の内容管理に関する法律法規に違反したことにより、インターネット情報部門に単独または関連部門と共同で上記第一項以外の行政処分(中国語:行政処罰)を受け、かつ不履行または期限までに要求通りに履行していない場合。

(3)インターネットを通じて社会道徳、商業道徳、信義誠実などに反する情報を作成、公表、伝播し、または故意に社会道徳、商業道徳、信義誠実などに反する情報を提供する技術、設備サポートまたはその他のサービスを提供し、ネット空間の伝播の秩序を著しく破壊し、社会公共の利益と人民大衆の合法的な権利権益に侵害を与え、社会的に悪影響をもたらした場合。

(4)法律、行政法規の規定に違反し、信用喪失の情状が重大なその他の状況。


法制網 より


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin