ニュースと出版物
華誠の栄誉 | 華誠が2022 ALB China知的財産権業務ランキングで再び上位にランクイン
2022-05-20 発表者:华诚小編

5月20日、トムソン・ロイター傘下の先端の法律誌「アジア法律雑誌」(Asian Legal Business)が2022 ALB China知的財産権ランキング」(2022 ALB China IP Rankings)を発表した。華誠は知的財産権分野の専門的なサービス、優れた評判と業績が再び認められ、今年度ランキングの「特許」と「著作権/商標」の2つの分野でTier 2の2種類のランキングを獲得した。

image.png

これまで、華誠は特許と著作権/商標の訴訟及び非訴訟の分野においていずれも優れた業績がある。長年にわたって各有名法律格付け機関の知的財産権分野のランキングで引き続きリードし、優れた業績を挙げている。今年、華誠の知的財産権チームが代理した2つの事件が再び広州知識産権法院と最高人民検察院が発表した年度典型的判例に入選した。

4月24日、華誠が代理した悪意により提起した知的財産権訴訟による損害責任紛争事件が広州知識産権法院「2021年度十大典型的判例」に入選した。同事件では、権利者が悪意の訴訟に遭遇した後、いかにして更に経済面の補填救済を求めるかについて研究を行い、参考にする意義のある救済ルートを探索した。

4月25日、華誠が代理した商標権侵害紛争再審判決検察監督事件が最高人民検察院の発表した「検察機関による知的財産権保護およびイノベーション主導型発展のサービスと保障についての典型的判例」に入選した。同事件は、再審が済んでいる事件に対して検察監督手続を通じて再審を再び開始した国内初の事件である。

「アジア法律雑誌」はトムソン・ロイターグループ傘下の先端の法律誌であり、法律業界内の権威あるベンチマークの一つである。今回の選考で、ALBは法律事務所が提出した資料、インタビュー、刊行物の情報及び市場提案で収集した情報に基づいて、知的財産権分野のトップレベルの法律事務所を確定し、それらをランキングし、公正で透明な知的財産権業務ランキングに努めた。


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin