ニュースと出版物
国家市場監督管理総局が「独占禁止協議暫定規定」を公布
2019-08-29 発表者:华诚小編

国家市場監督管理総局が2019年7月1日に公布した「独占禁止協議暫定規定」(以下、「暫定規定」という)は独占禁止法の補助法規中の一つとして、2019年9月1日から施行される。「暫定規定」の公布は、独占禁止法執行機関の「三合一」後の独占禁止補助法規による重大な調整であり、中国の独占禁止法の執行が更に強化されることを示唆し、同時に独占禁止法執行機関の法執行作業と企業の独占禁止に関するコンプライアンスに明確な指導を提供する。

 「暫定規定」によると、競争関係にある経営者は商品またはサービスの価格について以下の独占協議を締結することを禁止する。(1)価格水準、価格の変動幅、利益水準または割引、手数料などのその他の費用を固定または変更する。(2)価格を計算するための基準式を採用すると約定する。(3)契約に参与する経営者が自主的に価格を決める権利を制限する。(4)その他の方式で価格を固定または変更する。同業者団体が以下の行為に従事することを禁止する。競争を排除、制限する内容を含む同業者団体の定款、規則、決定、通知、基準などを制定、公布すること。当該業界の経営者を召集し、組織し、または当該業界の経営者に働きかけて、競争を排除、制限する内容を含む協議、決議、議事録、覚書などに締結すること。

 

国家市場監督管理総局 より


当事務所のウェブサイトの内容は一般情報の提供を意図するものです。本ウェブサイトの内容は弁護士とクライアント間で法律上の代理関係を形成するものでも、特定の案件の法律アドバイスを提供するものでもありません。ウェブサイトの利用者は弁護士から専門的な法律アドバイスを入手しなければなりません。特定な係争等の事実または状況がある場合、適切な法律またはその他の専門的アドバイスを取得せず、当事務所のウェブサイトの情報に基づいて行動を起こしたり、起こすことはお控えくださるようお願いします。

© Copyright 2000-2015 All Rights Reserved | 原版icp備15028801番だった プライバシー方針 | フィードバック

沪公网安备 31010402001317号

Lin